こんな活動、しています


■ 職場の労働条件を改善する活動
 黙っていては労働条件は良くなりません。春闘・賃上げ要求、労働時間短縮要求、夏季一時金・年末一時金(ボーナス)要求をはじめ、職場の労働条件を改善させるために職場の組合員の総意により経営者に「要求書」を提出し、団体交渉をします。
 交渉力を強化するために、スト権投票、全員団交、職場集会、本部役員出席団交などを行い、要求貫徹にむけて粘り強く交渉します。
 これらの活動は職場分会が中心になって取り組んでいます。


■ 同業種の分会で交流・共闘する「業種別部会」の活動
 現在は自動車学校、福祉・病院などの業種で業種別部会があります。同じ業種の分会どうしが交流しあい、共闘するために業種別部会をつくって活動を進めています。同じ仕事をしているものどうしなので、話がはずみます。時には行政と交渉したり、懇親を深める交流会なども行なっています。また、同じ業種で仲間を増やす「同業種の組織化」も業種別部会の重要な任務です。


■ 同じ地域で協力し合う「支部」の活動
 四日市・津・松阪の三支部でそれぞれ、近くの分会どうしが協力しあっています。
 1〜2ヶ月に一度の支部会議(地域の職場分会の代表と個人加入の組合員が参加する)をはじめ、支部での交流会、ビラまきなど、地域に密着した活動をしています。
 個人加入の組合員の組織「ローカルネット」の組合員をバックアップするのも、支部の重要な役目です。


■ 労働相談活動
 リストラ・解雇ホットライン、パート・非常勤ホットライン、職場のいじめホットライン、障害者労働ホットライン、組合づくりホットラインなど、様々なホットラインを実施し、困っている労働者に手をさしのべて、悩みを解決する労働相談活動をしています。
 解決にあたっては、相談に来た人が組合に加入して仲間を増やし、ともに闘うことを基本にすえています。


■ 組合づくりの活動
 労働組合のない職場にユニオンみえの分会をつくる組合づくりの活動、職場に労働組合があってもパートだから、派遣だからと組合に入れてもらえない人をユニオンみえに入れるなど組織化の活動をすすめています。
 組織化の活動はビラまき、困ってる人の紹介、マスコミを通じた広告、のぼり旗、ポスターの掲示、各種ホットラインの実施など、多彩です。特に、組合員からの情報提供や紹介が重要です。


■ 生活防衛の活動
 労働組合が生活を防衛するためにつくった労働金庫や全労済の各種制度、共済を利用し、生活防衛をはかる活動を進めています。団体で入るため、個々に加入するより様々なメリットがあります。ユニオンみえでは特に全労済とタイアップし「ユニオン団体ねんきん共済」と「ユニオン共済」の加入を薦めています。ユニオン団体ねんきん共済は個人で加入できますが、ユニオン共済は職場分会単位の加入になっています。


■ 共同購入の活動
 新鮮でおいしくて、安心して食べられる果物やお茶などを、生産者から直送してもらう、産直の共同購入の運動をすすめています。新茶、巨峰、みかん、蜜入りリンゴ、甘栗、デコポン(みかん)などが好評です。フェアートレードの商品もあっせんします。


■ 学習活動
 自分たちの権利を拡大するためには、世の中の動きや法律などをもっと知って、活用していくことが必要です。ユニオンみえでは春闘のときや、様々な機会を利用して学習会を開催し、組合員が必要な知識を身につけられるように活動しています。春闘や一時金の交渉に参加したり、過去の経過を学ぶことも大事な学習活動です。


■ 統一行動・支援活動
 毎月、統一行動日を設定し、交渉を拒否したり、問題の解決をはかろうとしない経営者にたいし、早期解決を求めて抗議行動をしたり、申し入れをしています。いつもたくさんの組合員が参加してくれています。
 他の分会の交渉に、応援に行くこともあります。決起集会やデモ行進もあります。問題が地方労働委員会や裁判に持ち込まれた時はみんなで支援のために傍聴に行きます。
 支援に行くと自分の職場だけでは見えてこない様々なことが見えて、とても勉強になります。


■ メーデーへの参加
 メーデー(アメリカの労働組合が8時間労働制を要求し、決死のゼネストを決行したことを記念して、100年以上にわたって開催されている労働組合の重要な行事)は労働運動の原点です。ユニオンみえでは毎年、メーデーの集会とデモ行進をを5月1日に、世界中の労働組合と連帯して実施しています。
 メーデーの休日を実現している職場はほとんど全員が、休日が実現していない職場は代表が、また、地域ユニオンの組合員は有給休暇を取って、労働者の休日・メーデーに参加しています。


■ 全国の仲間・地域の仲間との連帯
 上部団体・全国ユニオン(全国コミュニティ・ユニオン連合会)や全国のユニオンの仲間(コミュニティ・ユニオン全国ネットワークに加入している各ユニオンや同ネットワークと協力関係にある労働組合)、全国精労協(全国精神病院労働組合協議会)の仲間をはじめ、協力関係にある全国の各労働組合や地区労センター・三泗中小労連などの地域の労働組合の仲間と連帯する活動をすすめています。
 また、アメリカや韓国の労働組合などとの国際的な連帯もすすめています。


■ 平和を守る活動・差別をなくす活動など
 平和なしには生活は守れません。平和を守る活動も労働組合の重要な活動です。ユニオンみえは平和を守る運動の一環として、沖縄の基地をなくす運動を沖縄の民衆と連帯してすすめています。1998年には「花・すべての人の心に花を」の喜納昌吉さんを呼んで無料コンサートを開催し、参加した人たちとともに平和の問題を考えました。
 その他、労働者が安心して暮らせるよう、原子力発電に反対する運動、環境を守る運動、差別をなくす運動、労働者の代表を議会に送る運動などをすすめています。